ホーム>特許翻訳トランスプライムコラム>実戦コラム>違いが分かる技術用語・特許用語(23)
実戦コラム

違いが分かる技術用語・特許用語(23)

30. stripeとstrip

 この2つはどちらも帯状の物を指すため混同されがちであるが、区別が必要である。
 stripeは、隣接する部分と色または質感の異なる線または細長い部分、典型的には、無地の背景に複数の線または帯で構成される布地を意味する語である。日本語はカタカナ語の「ストライプ」が増えてきたが、「縞(模様)」という。The Stars and Stripesは星条旗のことである。星の数はアメリカ合衆国の現在の州の数(50)を表し、縞の数は建国時の州の数(13)を表している。

20222251185.jpg

 なお、stripeは動詞としても使用される。特に、動詞の過去分詞形のstripedは「縞模様の」の意味でよく使用されている。
 stripは細くて長い材料片あるいは陸地や河川の細くて長い領域を意味する語である。日本語は「条(片)」である。
 2つの語の関係を一言で言うと、下図に示すようにstripestripsが整然と配列された状態ということになる。もちろん、stripは単独でも使用できる。

202222511952.jpg

2022225111338.jpg

 

【用例1】Referring to FIGS. 1 and 3, traffic stripe applying system 44 is shown applying a continuous traffic stripe to a road. In this instance, the traffic stripe applying system 44 sprays the thermoplastic stripe 10 with a ribbon gun. (WO199/4016149)
図1および図3を参照すると、道路に連続的な交通縞模様を貼り付ける交通縞模様貼付システム44が示される。この場合、交通縞模様貼付システム44は、リボンガンで熱可塑性縞模様10を吹き付けて形成する。

 

 用例1は典型的なstripeの用例である。全体で縞模様10を形成しているので、当然のことだが、stripeは単数である。同様に、模様を意味するpatternも全体で1つと数える。

202222511247.jpg

【用例2】For the example of Figure 4A, each data stripe A, B and C is divided into four stripe units across the four storage devices. Device 1 includes stripe units A(l), B(l) and C(l). Device 2 includes stripe units A(2), B(2) and C(2). (WO2001/031447)
図4Aの例では、各データストライプA、B、Cは4つの記憶装置にわたって4つの記憶単位に分割されている。装置1は記憶単位A(l)、B(l)、C(l)を含む。装置2は記憶単位A(2)、B(2)、C(2)を含む。

 用例2のようにコンピュータや通信関連の特許では、データのまとまりをstripeと呼ぶ場合が非常に多い。
 なお、英文の中にはstripと呼ぶべき物をstripeと呼んでいる物もあるので注意が必要である。

 次に、stripの用例を挙げる。

2022225141537.jpg

【用例3】A strip 114 of each antenna is located on the other adjacent side of the support 105 with a third leg 116 projects from the strip 114 toward the second surface 109 which is parallel to the first surface 108. The first leg 110, second leg 112, and the strip 114 are contiguous with the patch 106 so as to be electrically connected to the patch. (WO2010/088756)
各アンテナの帯114は、第3の脚116が帯114から第1の表面108に平行な第2の表面109に向かって突出する状態で、支持体105の他の隣接する側に配置される。第1の脚110、第2の脚112、および帯114は、パッチに電気的に接続されるようにパッチ106に隣接している。

 この中でprojectはprojectingの誤りである。

2022225141924.jpg

 

【用例4】Magnetic strip 22 generally comprises a first end 24 or beginning portion, a middle portion 26, and a second end or end portion 28. (WO2005/021284)
磁気22は一般に、第1の端部24または開始部、中間部26、および第2の端部または端部28を含む。

 

 

 

次にstripeとstripが使い分けられているケースを挙げる。

2022225142948.jpg

【用例5】Data is stored in data stripes that are divided into n substantially equal-sized strips and are distributed across the n disks. Each data stripe has a corresponding parity strip that is generated by including the data strips in the data stripe only once when the parity strip is generated. The data strips of each data stripe, the copy of each such data strip and the corresponding parity strip are distributed across the disks in such a manner that the data strips of each data stripe, the copy of each such data strip and the corresponding parity strip are each on a respectively different disk of the disk array. (WO2004/040450)
データは、n個の実質的に同じサイズのストリップに分割され、n個のディスクに分散されるデータストライプに格納される。各データストライプには、対応するパリティストリップがあり、パリティストリップの生成時にデータストリップにデータストリップを1回だけ含めることで生成される。各データストライプのデータストリップ、そのような各データストリップのコピー、および対応するパリティストリップは、各データストライプのデータストリップ、そのような各データストリップのコピー、および対応するパリティストリップがそれぞれがディスクアレイのそれぞれ異なるディスク上にある。

 この用例では、データの中の1つのまとまりをstripと呼び、データの全体をstripeと呼んでいる。

2022225143434.jpg

【用例6】The user prints onto one or more notes with laser or ink-jet printer or a photocopier. Each note may have an adhesive stripe (284) on the back thereof, with the backing sheet being a strip (286) that covers the adhesive stripe but which is not fully coextensive with the note paper sheet. (WO1996/040518)
ユーザーは、レーザープリンター、インクジェットプリンター、または複写機で1つ以上のノートに印刷する。各ノートは、その背面に接着剤ストライプ(284)を持っていてもよく、裏張りシートは、接着剤ストライプを覆うがノート紙シートと完全に同一の広がりを持ってはいない帯状物(286)である。

 この用例におけるstripは細長い条片だが、それが貼り付けられる部分は同じ形をしているにもかかわらずstripeと名付けられている。用例7のstripesと同じ概念で使用されている。

2022225143649.jpg

【用例7】Each strip 118 has a long dimension and portions of the printed stripes: a front leg band stripe portion 146, a back leg band stripe portion 148, and a waistband stripe portion 149. (WO2011/073810)
各帯118は、長い寸法と、印刷された縞の部分:前脚帯の縞部分146、後脚帯の縞部分148、および腰帯の縞部分149を有する。(図は右カラム上)

 

 これは、紙おむつの特許である。紙おむつは、この用例でstripと呼ばれるロールシートを加工して製造される。従って、このstripeは巻物のことで直接stripeと関連がある訳ではない。長尺シート中の左右と中央の帯状の部分はstripesと呼ばれている。縞部分と訳したがカタカナ語のストライプでもよいのかも知れない。

 以上述べたようにstripは細長い条片で独立した物を意味するが、stripeは縞模様を表し、stripeと呼ばれる部分は独立しては存在していない。また、これらの用例を見る限り平面的である。

 ついでに、stripによく似た語にstrapがある。これは、革紐、つり革、ズボンのベルトなどのように薄くて細長い物を指す語である。stripが形状を表す語に対して、strapは物を表す語と理解してほぼ間違いない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.transprime.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/161

ページ上部へ