ホーム>特許翻訳トランスプライムコラム>実戦コラム>違いが分かる技術用語・特許用語(17)
実戦コラム

違いが分かる技術用語・特許用語(17)

23.   through hole(貫通孔)とblind hole(非貫通孔)

 英語のthrough holeは日本語では「貫通孔」あるいは「通り穴」と呼ばれるが、半導体や電子部品のプロセスでは「スルーホール」とカタカナ語で呼ばれることも多い。文字通り、板などを突き抜けている穴のことを言う。

 板を突き抜けていない穴は、英語ではblind holeというが、こちらの日本語は複雑な問題を抱えている。直訳すると「盲穴」だが、最近は差別用語として、この語の使用を避ける傾向にある。さらに,日本語表記では「穴」と「孔」の両方が使用されていて、この2つの違いは必ずしも明確になっていない。

 そこで、特許で使用されているこれらの穴(孔)の使用頻度を特許庁のデータベースで検索してみた。(2019年2月のデータ)

 先ず、through holeに相当する語の出現頻度を示すと、次のようになる。

       貫通孔                313345件

       貫通穴                142237件

       スルーホール     113105件

       通り穴                  1099件

       通り孔                   872件

 貫通孔が最も頻度が高く、貫通穴はその約半分である。この使い分けについては、明細書をよく吟味しないとコメントできない。

 次に、blind holeに相当する後の出現頻度を示す。

       盲孔                   6663件

       盲穴                   4455件

       止り孔                3702件

       非貫通孔            3044件

       止まり穴            2801件

       非貫通穴            1550件

       止まり孔            695件

       止り穴                567件

 使用を控えるのが望ましいとされている用語が依然として最も使用頻度が高い状況にあることが分かる。

 これらの結果を見る限り、「穴」と「孔」の違いは明確でない。この考察は後に譲ることにして、through holeとblind holeの使い分けの実例を挙げる。

202183111835.jpg

用例1.The through holes (82) and the blind drilled holes (84) are arranged in a pattern in which: (a) the through holes (82) are arranged in rows that define an oblique angle relative to a plane that is perpendicular to a longitudinal axis of the cover; (b) the through holes (82) of one row are offset from the through holes (82) of the adjacent row, with the offset between rows defining an angle of approximately 20-40 degrees; (c) the blind drilled holes (84) are arranged in rows located between the rows of through holes (82); (d) the blind drilled holes (84) of one row are offset slightly from the blind drilled holes (84) of the adjacent row, with the offset between rows defining an angle similar to that defined by the through holes (82); and (e) each of the blind drilled holes (84) is located at the substantial center of a triangle defined by the closest three through holes (82). (WO2017/189642)

複数の貫通孔(82)ドリル止まり孔(84)を次のようなパターンで配置する。(a)貫通孔(82)は被覆材の長軸に垂直な面に対して斜角を規定する複数列に配置される。 (b)ある列の貫通孔(82)はその隣の列の貫通孔(82)からずれており、複数列間のずれは約20-40度の角度を規定する。(c)複数列のドリル止まり孔(84)貫通孔(82)の列間に配置される。(d)ある列のドリル止まり孔 (84)はその隣の列のドリル止まり孔 (84) から僅かにずれており、複数列間のずれは貫通孔(82)によって規定される角度と類似の角度を規定する。最後に、(e)各ドリル止まり孔 (84)は3個の至近の貫通孔(82)により規定される三角形の実質的な中心に位置する。

 

2021831111753.jpg

用例2.In making the electrode (10), the front surface is subjected to an etching process to form multiple depressions (21) or blind recesses that do not extend through the metal sheet (11); placing the fluid-permeable layer onto the front surface to form an assembly; and subjecting the assembly to compression such that the fluid-permeable layer (16) bonds to the metal sheet (11) and protrudes into the through-holes (14) and into the depressions (21). (WO2015/033123)

電極(10)の製造に際し、前表面をエッチングして、金属シート(11)を突き抜けない複数の窪み(21)すなわち止まり凹部を形成し、流体透過層をこの前表面に置き組立体を形成し、次に液体透過層(16)が金属シート(11)に結合し、かつ貫通孔(14)と窪み(21)内に突出するようにこの組立体を圧縮する。

 

用例3.A repairable flex circuit (1), comprising: a generally flexible, electrically insulative substrate (2) having a first edge (3) thereof, and a plurality of electrically conductive circuit traces (5) arranged on the substrate. Each circuit trace has an end thereof terminating at a first connector element (8) proximate the first edge (3), and at least one second connector element (13) spaced apart from the first connector element, with each of said first and second connector elements being a plated through hole, a plated blind via, or a solder pad. (WO2001/017321)

修理可能なフレックス回路(1)であって、第1の縁(3)を有する全体的に柔軟な電気絶縁性の基体(2)と、基体上に配列されている複数の導電性回路トレース(5)とを備えている。各回路トレースは、第1の縁(3)の直近の第1のコネクタ素子(8)において終端する端を有し、また第1のコネクタ素子から離間している少なくとも1つの第2のコネクタ素子(13)を有しており、上記第1及び第2の各コネクタ素子は、めっきされたスルーホール、めっきされたブラインドバイア、またははんだパッドである。(特表2003-508929)

2021831112458.jpg

 この特許では貫通孔(through hole)と止まりビア(blind via)という表現が見られる。半導体や回路基板の構造あるいは製造方法の説明では、これらの用語が頻繁に出てくるので、次号に詳しく説明する。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.transprime.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/140

ページ上部へ