ホーム>特許翻訳トランスプライムコラム>2021年2月

2021年2月

違いが分かる技術用語・特許用語(13)

19. timeとtiming 

 辞書によるこれらの語の区別は次の通りである。

time
① 連続した時間、時を表す
② 区切られた時間あるいは期間、間隔を表す
③ 特定の時点や時刻を表す
④ (動詞)時間を計る

 つまり、時に関するあらゆる状況に使用される。

timing
① タイミング(カタカナ語)、適時選択
② 時間を計ること(計時)

 つまり、timingの意味②は動詞timeの名詞形の意味を持っている。

 次に、日本語の「タイミング」は次のような意味を持っている。
① 物事を行うのにちょうどよい折りのこと。これは、上記のtimingの①の意味、すなわち「適時選択」と一致している。日本語では、他に「機会」、「折」、「都合」、「拍子」、「時宜」、「機」、「時機」などの意味に類している。
② 何かが起こるときのこと。すなわち「時期」、「瞬間」の意味に類している。

 以上のことから、英語のtimingを日本語にする場合、カタカナ語の「タイミング」以外にどのような訳を当てはめるのがよいかを実例で検討する。

用例1: The digital wireless link introduces substantial time variable delay. In order to pass time sensitive messages over the link, time sensitive messages are recognized and translated into time insensitive messages for transmission over the wireless link. The time insensitive messages indicate the information contained in the time sensitive messages and in the timing of the time sensitive messages. At the receiving end, the time insensitive messages are recognized and the time sensitive messages reconstructed with the appropriate timing. (WO1995/014356)

公表公報の訳: デジタル無線リンクは実質的に時間可変遅延を導入する。リンク上で時間感応性メッセージを伝送するため、時間感応性メッセージは認識され、無線リンク上での送信のために時間不感応性メッセージに変換される。時間不感応性メッセージは時間感応性メッセージおよび時間に不感応メッセージのタイミング中に含まれる情報を示す。受信端では時間不感応性メッセージは認識され、時間感応性メッセージは適切なタイミングで再構成される。(特表平2008-505995改)

 用例1におけるtimingはカタカナ語で「タイミング」と訳されているが、これが「適時選択」の意味なのか否かは明細書全体を読んでも筆者はよく理解できなかった。

用例2: In an ad hoc peer-to-peer communications network, timing synchronization can be facilitated between two or more nodes based on respective timing adjustments. A sequence of timing synchronization time intervals can be determined based on a first timing reference received from a source. A symbol timing can be determined and included in a first signal transmitted during a dedicated time interval, which can be a chosen fraction of one of the timing synchronization time intervals. In the remaining portion of the time interval, such as a non-chosen fraction, a second signal that includes a second timing reference can be received. Based on the symbol timing and the second timing reference, a timing adjustment can be determined and timing of each node adjusted accordingly. (WO/2009/009363)

公表公報の訳: アドホックピアツーピア通信ネットワークにおいて、それぞれのタイミング調整に基づいて、2つ以上のノード間のタイミング同期を容易にすることができる。一連のタイミング同期時間間隔を、ソースから受信した第1のタイミング基準に基づいて決定することができる。シンボルタイミングを決定し、専用の時間間隔(タイミング同期時間間隔のうちの1つの選択された小部分であり得る)中に送信された第1信号中に含めることができる。非選択小部分のような、時間間隔の残りの部分において、第2のタイミング基準を含む第2信号を受信することができる。そのシンボルタイミングと第2のタイミング基準に基づいて、タイミング調整を決定することができ、したがって、各ノードのタイミングを調整することができる。(特表2010-533431改)

 通信分野の特許はカタカナ語の連発で、技術の理解が容易でない。「アドホック(ad hoc)」は「特定の目的のための」、「その場限りの」という意味を持つラテン語で英語のfor thisに相当する。「ピアツーピア(peer-to-peer)」はP2Pと表記されることもあるが、サーバとクライアントという特定の関係を持たない対等の立場で通信を行う形態を意味する語である。

 問題の「タイミング」であるが、明細書全体を読んでみるとどうやら「時間合わせ」の意味で使用されているようだが、通信分野に精通していない筆者にとっては、本当のところはよく分かっていない。

 以下に示すように、英語のtimeがしばしば日本語では「タイミング」と訳されている。

用例3: The method also includes controlling movement of a detector carriage including a plurality of drop detectors of a drop detector array with respect to the printhead device by a control module to align each one of the drop detectors with the respective firing paths corresponding to the respective nozzles at a predetermined time. (WO2014/092678)

訳例: この方法は、複数の液滴検出器を含む検出器キャリッジのプリントヘッド装置に対する動きを制御モジュールにより制御して、所定のタイミングで各ノズルに対応する点火経路に各液滴検出器を位置合わせすることも含む。(特表2015-536852改)

 用例3の訳はtimeの部分を除いて、修正してある。そのtimeだが、「所定のタイミングで」と訳されているが、あえて、「タイミング」を使わなくとも、「所定の時間に」で十分に意味は通じる。

用例4: The announcements may be at times unknown to consumers. (WO2013/163397)

訳例: 当該告知は、消費者らに知られていないタイミングで行なわれうる。(特表2015-523618)

 用例4のat timesは「時々」の意味で、従ってこの文の意味は「この告知は時には消費者に知られていないことがあるかもしれない」の意味ではないかと思われる。

 英文ではtimingが使用されていないにもかかわらず、日本語訳が「タイミング」となっているケースも多くある。

用例5: The insertion tool can then be removed at the surgeon's convenience allowing compression on the two bones. (WO2015/130609)

公表公報の訳: 次いで、外科医は都合のよいタイミングで挿入用具を取り外して、それら2つの骨に圧縮力がかかるようにする。(特表2017-510341改)

 用例5のconvenienceは「好都合」という意味合いで使用されているが、確かに「都合のよいタイミング」とするとぴったりはまっている感じになる。「適切なときに」と言い換えてもよい。なお、もとの訳はcompressionを「コンプレッション」とカタカナ語にしているが、骨に圧縮力がかかることを意味しているので修正した。

 

 以上の通り、英語のtimingは真意がつかめないことがあり、訳語のタイミングも安易に使用されている。

ページ上部へ