ホーム>特許翻訳トランスプライムコラム>実戦コラム>公報活用・検索のコツ
実戦コラム

公報活用・検索のコツ

英語日本語特許ペアの作り方

1.はじめに

日英特許翻訳上達のコツは、いい英文を読むことです。実際にはいい英文明細書に出会うことは少ないのですが、
それでも英語を母国語とする人の書いた英文の表現は参考になる部分が数多くあります。
その際に有効になるのが英文明細書と対応する日本語明細書とのペアです。

PCT出願の普及に伴いこの特許ペアの作成が容易になりました。というのは、英語によるPCT出願は日本を指定国とする場合には、日本語翻訳文が提出されると公表公報として公開されるからです。

しかも、その翻訳文は原文に忠実な訳と言うことで、フォーマットも含めて原文と翻訳文の対比がつきやすいという利点もあります。ここでは、PCT出願と公表特許公報の特許ペアの作成手順を説明します。

 

2.作業内容

【1】 特許電子図書館「公報テキスト検索」にアクセスします。

【2】 作成する特許ペアの主題を決めます。ここでは「DNAチップ」を例に説明します。

【3】 1カラム目の【検索項目選択】で「発明の名称」を選択し、【検索キーワード】に
「DNAチップ」を入力します。

(注:「DNA」は全角で入力すること)

【4】 2カラム目の【検索項目選択】で「指定国」を選択し、【検索キーワード】に「JP」と入力します。

(注:「JP」は半角で入力すること)

【5】 「検索」ボタンをクリックします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.transprime.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/19

ページ上部へ